読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺も頑張ろう

俺も頑張ろうとは、みんなの暇つぶしを手助けするブログ

マンガで学ぶ「個性の強い人間が勝つ現代」

どもGawaです

 

 

今日は日々思ったことを書いていきます。

なお、今回は個人的に思ったことであり決めつけや意見の押しつけではありません。

 

最近絵を描いたり、ブログを書いたりなど自己の表現をする際に最も大切なものは何なのか?とよく考えます。クリエイティブに生きる時、何が一番重宝するのか。みなさん何だと思いますか?

 

俺は個性だと思うんです。それもかなり強い個性。その人にしか表現できないセンスとでも言いましょうか。とにかく今の時代、オリジナリティが全てを勝ると俺は思ってます。

 

マンガを例に出しながら説明していきたいと思います。

 

f:id:Gawa:20170302003002j:plain

 

 

 

強い個性が全てを勝る。何故俺がそう思ったのか理由をこれから述べていきます。

 

 

 

 

個性は人々の記憶に残る

強い個性は現代の情報社会にめっぽう強いです。どこにでもいる一般人でも工夫次第でいくらでも人を集められる昨今ですが、個性が強ければ強いほど人の目を惹くことが出来ます。ブログ然り、マンガ同人誌然り、Youtube然りです。

人は基本的に自分自身にないものに興味を持つので、個性が強い人間がネットに発信するだけで見られるということもあると思う。

 

例えばマンガで例を出すと、カイジという作品があります。この作品のキャラは極めて画風に個性があり、他に「ざわ・・・ざわ・・・」の擬音が有名です。この作品を初見で見たあと忘れることってあまりないのではないでしょうか。

f:id:Gawa:20170302005508j:plain

 

 

 

 

 

 

個性が強いと根強いファンが生まれる

個性が強いと良い意味でも悪い意味でも目立ちます。コイツ大嫌い!俺と絶対合わねーと思う人もいれば、やべーこの人スゲーハマったわ!という人も出てくる。二極化するいうことですね。

 

例えば俺の好きなマンガにジョジョの奇妙な冒険があります。

見たことがある人は分かるかと思いますが画風の個性が抜群に強いです。顔が気持ち悪くてとてもじゃねーけどムリという人もいれば、好きすぎてハマって単行本全巻買ってしまう人もいます。俺が後者です。強い個性は中毒者を生みます。

f:id:Gawa:20170302011201j:plain

 

逆に強烈なアンチを生む可能性もあります。

個性が強いと大好きか大嫌いかに二極化すると上で書きましたが、まさにその通りです。SNSが盛んな現代で、批判やあることないことを書かれる可能性があります。まぁ気にしなければそれでいいことなのですが。

 

 

 

 

 

強い個性をもつ方法

誰にも持っていない自分だけの個性をもつ方法というのは、いわゆる天才だけなんじゃないか?そんなんあったら誰も苦労しねーよ!と思われる方もいるかもしれませんが実はそういうことでもないんです。生まれ持った才能ではなく後天的にして得られる能力だと俺は思ってます。

 

 

例えばカイジの作者 福本伸行先生は最初からあんなアゴの尖った画風だったわけではありません。下の画像は福本先生が若い頃に描いたマンガの一部です。雰囲気全然ちがうじゃないですか。アゴ尖ってないし「ざわ・・・ざわ・・・」も生まれてない、その時代に流行った画風って感じです。

 

初期の福本先生の画風

f:id:Gawa:20170302015545j:plain

 

数年後、だんだんアゴが鋭利になっていく。

f:id:Gawa:20170302020515j:plain

 

 

 

 

 

 

ジョジョ作者の荒木飛呂彦先生も連載初期は今のような画風ではなく、筋肉モリモリの北斗の拳みたいな画風でした。ジョジョ1部のころの80年代後半はマッチョな作画が流行っていたのでそれに便乗していたのです。

 

初期の荒木先生の画風

f:id:Gawa:20170302020131j:plain

 

 

数年後の荒木先生の画風

f:id:Gawa:20170302021301g:plain

 

 

 

経験を積んでいくことで、自分の書きたいこと、本当に好きなことが分かってきて洗練されていくわけですね。つまり、強い個性を持つには経験を積めばいいんです。勿論人並みならぬかなりの量の経験です。本も読んで自分が興味を持ったものを積極的に消化していく必要もあります。

 

恐らく現段階ではこの方法以外で個性を手に入れることは難しいと思います。

自分のことに関しては自分以外誰もわからないので、そこを徹底的に追求していくしかないですね。色んな方法を試して自分にあったスタイルを見つけて経験を積む。その先には間違いなく「自分だけの個性」があると思ってます。

 

 

 

努力は嘘をつく

野球選手のダルビッシュ有が言っていました。

「練習は嘘つかないって言葉あるけど、頭使って練習しないと普通に嘘つくよ」

 

この言葉はブログにも通じる部分があって、ただブログを書くだけじゃなく考えて工夫、改良していかないとPVも読者も増えないってことですよね。

 

まさにブログというのは自分との戦いだと思います。他人ブロガーではなく自分自身こそが真の敵ってことですかね。

 

f:id:Gawa:20170302023216j:plain

 

 

 

ということで今日は真面目に書いてみました。

それでは!

 

 

 

 

終了

 

 

 

 

スポンサーリンク